main文に全部書くと見通しがいい(ドヤァ)

身バレとリモートからの任意のコマンド実行に怯えるエンジニアの雑記。ブログ名は現場で言われた迷言

近況報告と愚痴

冷やし中華 (転職活動) はじめました

最近更新できていない要因①
次の要因も相まって、家に帰ってから費やす時間がもっぱらこれ。
詳細は後日。

夏休みいただきました

夏・・・?夏はもう終わりだよ?
夏休みに入るため、不在時を円滑にするために奔走してました。
(愚痴に続く)

ここから愚痴

他の方の夏休みは自分が引き取れるからOK。
私の夏休み中の作業は誰も引き取れない。
給料同じなのに不公平じゃないかい?

夏休みに入るので不在な間の作業をお願いしようとしたんですが、
他の方が全員「できません」※との返答で the end。
終いにはプロジェクトリーダーから、「自分の休暇明けに対応するように」とのこと。

※…時間がない(他の作業があるので期限内に)できないのか、技術的/業務知識的にできないのかというと両方じゃないかなぁと。

困ったもんです。

ですが、
つい昨日、沢渡 あまねさんの職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方 という本を衝動買いして読みまして。ちょっとヒントになりそうです。感謝です。

今日のSEの現場で飛び出した迷言

今日の迷言

迷言

「もうちょっと、"ちゃんとしている感"出してよ~」

この迷言について

これを聞いた瞬間「稚拙だな」と思った。

これは直接言われたわけではない。
自分の所属する部長が、大きめの案件を担当してるプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダー(PM/PL)を呼びつけてそう言っていた。
(補足しておくと、座席配置上、自分と部長の席が遠くはなく、こういった会話というノイズがよく聞こえる。)

報告を早くしてほしいならそう言えばよく、
もっと情報が欲しいならそう言えばよく、
検討/分析不足ならそう言えばよく、
リスク管理が甘かったり懸念があるならそう言えばよく、
ちゃんとして」に丸め込むのは相手に伝わらない恐れがる。
しかも「ちゃんとしている感」なのだから、問題の本質に取り組まないまま、指摘を避けるべくして取り繕ってしまうおそれがある。

それ以上の具体的なフィードバックはないので、たぶん何も進展しないんだろう。
というか、最近も似たような会話を聞く。

Wiresharkのパケットの表示時刻をUTCからJST(タイムゾーン)の設定に変更する

すごく久々にWiresharkを触り、表示時刻の設定にハマったのでメモ

事象(UTCで表示されてる)

キャプチャの時刻(Timeの項目)がUTCで表示されている。
日本時間11時~12時の間のキャプチャを依頼した上で受け取った(+9時間であってる)のと、
同じパケット開いた時に同僚の環境はJSTで表示されていた。

Wiresharkの設定を確認

確認したのは以下2つ。自分は後者で解決。
ググると片方だけ出てくるパターンがちらほら・・・

Timeの項目のColum Preferenceの設定

Timeの項目名で右クリック→Colum Preferenceを押下
外観 > 列 でTimeの種別がTime(format as specified)になっていることを確認。

Wiresharkの時刻表示の設定 でUTCになっている

メニューバーの 表示>時刻表示形式 で日時を選択
自分の環境は UTC日時になっていた。
これで自分の環境は時刻表示がJSTになった。

AtomでSAKURAエディタのように矩形選択をする

週に1度はエディタいじり以外のネタを投稿したいゾ・・。

Atomで矩形選択をALT + ↑ALT + ↓でできるようにする(SAKURAエディタ風)

SAKURAエディタを使い慣れているので、ALT + ↑ALT + ↓で選択したい。
Atom で矩形選択するためのキーバインドを変更する (キーマップの重複を回避する)を参考に設定。

以下いずれかの方法で設定ファイルを開ける

  • ファイル>キーマップ
  • 設定>キーバインド> キーマップファイル (リンク) を開く

csonファイルの末尾に以下を追加する。

# 矩形選択を Ctrl + Alt ではなく Alt だけでできるようにする
'body':
  'alt-up': 'editor:add-selection-above'
  'alt-down': 'editor:add-selection-below'

ちなみに

特に、atom-sublime-selectはインストールしていない。

設定>キーバインドctrl-alt-upctrl-alt-downを見ると、editor:add-selection-beloweditor:add-selection-aboveが割り当てられていた。

2018年8月にAtomをDLしてインストールした。
アップデート履歴等は調べてないが、矩形選択の方法を調べるとatom-sublime-selectが出ているので、どこかで変わったのかもしれない。(未調査)

パッケージでEmmetを入れていると、キーバンドがバッティングするらしいので、注意。(未検証。先の参考リンクより。)

ほぼ初期状態のAtomの設定をいろいろ弄ってみた

Atomの設定の見直し時

Markdownを触りだして数日。 Markdownの練習のためにAtomに書いて、それが良い方法とはわからずはてなブログに貼り付ける行為を行っている。
ほぼ初期設定のまま使っているが↓のような初心者あるある(?)なミスが目立ってきた

  • 犯しているミス(初心者あるある?)
    • 半角スペースだと思ってたら全角スペースだった
    • 末尾に改行のスペース2個がなくて、思惑通り改行されていない。
      (特に、箇条書きで忘れる。Atomのプレビューだと自動改行されるが、はてなブログでは改行されない。)

Atomをほとんど素で使っていたが、いい加減、そろそろ設定いじり時。
行ったのは以下

  • 行った設定
    • Atomの日本語化
    • タブ、スペース、改行を表示する
    • Tabキーによるインデントをタブ文字(\t)ではなくスペースにする
    • エディター画面とプレビュー画面のスクロールを同期させる
    • Markdownに便利なツールバー+αを導入する
  • これから行う設定(未解決含む)
    • .mdファイルを開いたときに日本語が赤線下線の嵐になるのなんとかする
    • .mdファイルを編集中に、自動的に行末に改行のスペース2個が入るようにする

Atomの日本語化

このへんみてサクッと。
テキストエディタ「Atom」のインストールから日本語化まで

実は、日本語化の作業を後でやったので、このへんの設定作業は英語表記を探して設定していたりする。
引用記事のように、インストール後に先にやることをおすすめする。

タブ、スペース、改行を表示する

このへん見てサクッと。
Atomでタブ・スペース・改行を表示する

最初開いたとき、設定のjsonファイルが開かれてたと思うが、設定画面がすごくいい。 sublimetext2のいろいろ調教しないと感で洗脳されていたので、設定=設定ファイルのjsonを修正が染み付いていた。

Tabキーによるインデントをタブ文字(\t)ではなくスペースにする

先程の作業の中で、ついでに設定。
ファイル>環境設定>Tab Type でsoftを選択。
hardとかsoftとか馴染みがなかったが、設定画面で設定値の意味を解説しているのですごく助かった。

エディター画面とプレビュー画面のスクロールを同期させる

紆余曲折するうちにAtom をMarkdownエディタとして整備に行き着いた。
markdown-scroll-syncをインストール。
なにこれ神。

Markdownに便利なツールバー+αを導入する

先と同じくAtom をMarkdownエディタとして整備を参考に。
tool-bar-markdown-writerに依存関係があるらしく以下を入れる。

  • markdown-writerをインストール
  • tool-barをインストール
  • tool-bar-markdown-writerをインストール

あと、上記に関係ないが以下も入れる。

  • atom-beautify
    CTL + ALT + bを押すとあら不思議。何かにつけて押せばいい。
  • highlight-selected
    選択している文字列と同じものをハイライトする

.mdファイルを開いたときに日本語が赤線下線の嵐になるのなんとかする(未解決)

書いておいて難だが別に.mdに限った話ではない。
これまで設定変更の調べてる最中に見かけたが、デフォルトで入っているspell-checkというパッケージが付けている。
調べるとこれを無効化すると出なくなるという。

やってみたが、確かに下線が消えた。
いいことばかりではなく、シンタックスハイライトが消えた。
戻してみたが結局これを境に消えっぱなしorz

どうやらlinter-spell-cjkというパッケージがあるらしい。こっちのほうがいいのでは。
あまり変化を実感できなかったので一旦無効化

どうしたものか。

.mdファイルを編集中に、自動的に行末に改行のスペース2個が入るようにする(未解決)

これもまだ見つかってない。
確かになんでもかんでも入れればいいといい話でもない。

まだまだカスタマイズが必要

切り口をかえて「おすすめ 設定」で検索して手っ取り早く誰かの環境を真似するのも良いかもしれない。
バージョンや環境によって動作する・しないがあるようなので、参考までに。
とりあえずAtomいじりは今日はここまで。

IntelliJ IDEAの日本語化設定やフォントサイズ変更の設定など

せっかく IntelliJ IDEA のUltimateのライセンスを買ったのに、使えてなかった。
こりゃまずいということで、インストール済みのを起動して、日本語化設定etcを行ったのでメモ。

インストールはこのへんの日記?でサラッと行っている。

IntelliJ IDEAの日本語化設定

下調べ

公式の手順とか Qiitaを見ると、 Pleades いれろと言う。
同じような感想を見かけるが、あのPleades???

自分のEclipse環境はPleades All In Oneじゃなくて、Eclipseのzipを解凍したものに、 pleadesの日本語化パッチをあてている。 もう一個入れなきゃダメかとおもったが、違った。

日本語パッチインストール

IntelliJ IDEA を日本語化する / Pleiades日本語化プラグインのインストール を一応見ながら実施。

Pleadesのzipを展開すると、setup.exeのショートカットがあって、それを実行する。 このインストーラーはElectron製らしい。

IntelliJ IDEAを起動中だが問題なかった。 インストールが終わったらIntelliJ IDEAを再起動し、無事に日本語化された。

ローカルにチェックアウト済みのプロジェクトをオープン

SVNなりgitなりをチェックアウトしてもいいが、 IntelliJ IDEAによってどんなファイルが増えるか見たいので、
既にローカルにチェックアウト済みのプロジェクトをオープンすることに。

開いたらおびただしい数エラーが。。。 シンボルstringを解決できません
なんと・・・おまえか・・(次へ)

SDK(インストール済みJDK)の設定

JAVA_HOMEは見てくれない

Oracle JDKをインストールして環境変数JAVA_HOMEを設定してあるから、油断しきってた。

一覧になにもない・・・?落ち着け。

↓を参考に設定する。
[IntelliJ IDEA]IntelliJ IDEA 開発環境構築・設定メモ(Java JDK連携) IntelliJ IDEAはSDKと呼ぶみたいだし、プロジェクトの設定なのね?

開いたら、一覧になにもない。え?なんで??

よくみたら+ -というボタンがあってそれを選択すると、パスを選択する画面が出てくる。
JAVA_HOMEと同じパスを設定したら、一覧にバージョンが表示された。

あとは同じ画面で 「プロジェクトの設定」>「プロジェクト」からプロジェクトSDKを選択する。

Eclipseのように、プロジェクトごとにバージョン変えられるのかな?

フォントサイズをマウスホイール or CTLキーで変更できるように設定

ソースコードを見てみたものの、なんかフォントが見づらい。Eclipseの初期よりは良かった気がする。いや老眼かな。
フォントサイズでググってたら、やたらとフォントサイズをマウスホイール or CTLキーで変更する方法を推してくるので、入れてみる。

↓を参考に設定した。
IntelliJ IDEA - Ctrl + マウスホイール操作でフォントサイズを変更できるようにする

古い情報だと設定項目の場所が違うようで。。
Mouse (日本語化してるとマウス?)という項目はなく、エディタ > 一般だった。

当然のことだが、調べると英語のメニュー名で出てくるので、読み替えが必要。

たしか、ここまでで時間切れ 

Markdown練習方法 (Qiitaを読む)

Markdownの書き方の参考にメモ

Qiitaとは

界隈の方々から、「いまさら何言ってるんだ」という点について
Qiitaとは「プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービス」
参考→Qiita コミュニティガイドライン

プログラミングに"関すること"ということで開発手法の話、動作環境まわりの構築(設定方法)の話etcが集まってる印象がある。

QiitaとMarkdown

Qiitaの記事はMarkdownで書かれている(投稿できる)。
さらに、Qiitaの記事はMarkdownの本文(原稿)を表示できる

人の書いたQiitaをMarkdownの原文で表示して読んでみると参考になる。

Qiitaの記事のMarkdown(本文)を見る方法

2つの方法があって、どちらも簡単。結果は同じ。

記事の表示画面から切り替える

Qiitaの記事で
@作者 yyyy年mm月dd日に更新 の右側にあるを押し、「Markdownで本文を見る」を押す

Qiitaの記事の最後に、.mdをつける

例(今日のトレンドから適当に抜粋)
Webサーバをセキュアに保つ設定のまとめ
https://qiita.com/ariaki/items/78ed2d3810ad17f72398

https://qiita.com/ariaki/items/78ed2d3810ad17f72398.md

難点

.mdファイルのテキストとして返ってくる。
ブラウザでそのまま表示されるので、そのまま以下の点が辛い。(解決方法は未調査)

個人的な収穫

個人的にメモ

コードでファイル名を表示

はてなブログだと表示されないが、ファイル名を表示する以下
```text:hoge.conf
aaa=bbb
```

はてなブログだとファイル名が省略される(※代替方法は未調査)

aaa=bbb  

箇条書きにアスタリスク*を使うかハイフン-を使うか

先程も例に挙げたのは自分がふと見たもの。
上記では-とインデントを使用している。

こんな感じ。

- 設定ファイル生成
    - [Mozilla SSL Configuration Generator](https://mozilla.github.io/server-side-tls/ssl-config-generator/)
- オンラインテスト
    - [Mozilla Observatory](https://observatory.mozilla.org/)
    - [Qualys SSL Server Test](https://www.ssllabs.com/ssltest/)

※例によって自分がふと見た記事から引用。

理由は憶測だが、アスタリスク*は太字等々で他に割当があったりするからだろうか。
自分は仕事でRedmineのtextline記法を使うことが多いので、アスタリスク*の箇条書きに慣れている。

ふむふむ。参考になります。

表がめんどくさそう

tableタグよろしくの表は以下のようになっている。

| 項目 | 必須 |
|:-----|:----:|
| max-age=[秒数] | ○ |
| includeSubDomains |  |
| preload |  |

※例によって自分がふと見た記事から引用。

これ2列x4行の表だが、ナマのテキストで書くのは面倒。
他の皆さんはどうしているんだろう?

自分はExcelのアドインでRelaxToolsがあって、この機能の一つにMarkdown変換があるのでそれを使う(だろう)。
Redmineのためのtextlineへの変換があって、以前それを使ったことがある。
複雑になって、色つけたくなって、結局エクセルファイルを添付することがある。

まだまだ修行中

良く言えば、日々発見。

ちょっと書いただけだと記憶の定着が悪い。
定期的に書いて訓練が必要。 そのためにブログ始めたんだよ

20時~22時に寝てしまったせいで3時になった今も起きてしまっているが、いい加減寝よう。