main文に全部書くと見通しがいい(ドヤァ)

身バレとリモートからの任意のコマンド実行に怯えるエンジニアの雑記。ブログ名は現場で言われた迷言

Wiresharkのパケットの表示時刻をUTCからJST(タイムゾーン)の設定に変更する

/* 邪魔なキーワード下線を消す */ a.keyword { border: 0 !important; text-decoration: none !important; pointer-events: none !important; cursor: default; color: #5A5A5A; }

すごく久々にWiresharkを触り、表示時刻の設定にハマったのでメモ

事象(UTCで表示されてる)

キャプチャの時刻(Timeの項目)がUTCで表示されている。
日本時間11時~12時の間のキャプチャを依頼した上で受け取った(+9時間であってる)のと、
同じパケット開いた時に同僚の環境はJSTで表示されていた。

Wiresharkの設定を確認

確認したのは以下2つ。自分は後者で解決。
ググると片方だけ出てくるパターンがちらほら・・・

Timeの項目のColum Preferenceの設定

Timeの項目名で右クリック→Colum Preferenceを押下
外観 > 列 でTimeの種別がTime(format as specified)になっていることを確認。

Wiresharkの時刻表示の設定 でUTCになっている

メニューバーの 表示>時刻表示形式 で日時を選択
自分の環境は UTC日時になっていた。
これで自分の環境は時刻表示がJSTになった。